髪の毛の薄さで悩んでいる男性に学んでほしいこと

男性型脱毛症の特徴

男性型脱毛症をAGAと呼びます

男性には男性にしか分からない悩みがあります。例えば、EDもそうですし、AGAもそうです。ちなみにEDとは、勃起不全のことで、当然のことながら男性にしか起こりません。そして、これが原因となりセックスレスになってしまうカップルも多いのです。 また、男性型脱毛症をAGAと呼びます。こちらも男性に特有な症状の1つで、薄毛の原因になっているのです。 ところで、AGAは何時ごろから発症するのかというと、若い人では30代から薄毛が始まるという報告があります。また、遺伝することでも知られており、遺伝するのだったら仕方がないと早くから諦めてしまう人も結構多いのです。しかし、今ではAGAを病院で治療することができます。ですから、諦めないでください。

薄毛を効果的に改善するには

代表的なAGA治療薬には、フィナステリド製剤があり、脱毛症を引き起こすジヒドロテストステロンを減少させる働きがあります。ですから、ジヒドロテストステロンが毛母細胞に与えるダメージを軽減することができるのです。これにより、男性特有の脱毛症を食い止めることができます。しかし、発毛効果を期待するのであれば、作用機序が異なる治療薬を併用すると効果的です。 この作用機序が異なる医薬品というのが、ミノキシジル製剤です。ミノキシジル製剤は頭皮の血行を促進し、毛母細胞に活力を与えることで、発毛効果が期待できるのです。 要するに、薄毛を効果的に改善するには、フィナステリド製剤の服用と、ミノキシジル製剤の塗布がおススメなのです。